12/3、アメリカ副大統領バイデン来日に対しTPP反対などの抗議


昨日はアメリカ大使館最寄りの溜池山王駅にゲリラ的に出現。

副大統領バイデンが来日しているからだ。

告知しないで、1人でバイデンに対しTPP反対などの抗議をやろうと前から考えていた。

最近はありがたいことに仲間がいて集団行動が多い。

でも、昔は1人で抗議したり街宣したり動いていた。

俺の原点である。


そんな感じで、いつもどーり正門前で抗議しようとしたら、溜池山王駅を出た瞬間に大勢の警備に囲まれてしまった。

「どけ」

『牧田(俺の本名)、今日はダメだ!』
「いつも正門前で抗議してきたよ」

『今日はダメだ!』

「何で?」

『ダメだからだ!』

拡声器も持ってないのに囲んで身体を抑えつけながら、はるか遠くで抗議しろ云々とか偉そうな態度で命令してくる。

拒否したら、機動隊や私服に掴まれて押されて担がれて罵倒されながら強制排除された。

おかげで服がちょっと壊れて全身がアザだらけ。

酷い警備にあった。

まあこういうのは慣れているけれど。

今まで散々な目にあってきた。

昔、ロシア大使館でクソガキと言われどつかれた。

中国首相の温家宝が来た時は、交差点ど真ん中で羽交い締めにされた。

アメリカ大統領オバマが来た時はタックルされて担がれてアスファルトに投げつけられた。

東電前で馬鹿にされて突き飛ばされた。

今年もレイシストたちにカウンターしてて、警察に髪の毛掴まれてぶち抜かれたり、衣服を破壊されたり、右フックで殴られたりしてきた。

最近じゃ、何をやってもずっと囲まれてしまう。

身動きできない現状だ。

でも昨日は、

『警備が酷過ぎる。やりすぎだ』

と、かばってくれた警察の方々もいた。

全然抗議できなかったし不完全燃焼で終わった。

俺らが政治家とかに伝えたいことがあるのに、何にも言えなくされてしまう世の中は良くないと思う。
posted by 山口祐二郎 at 08:54| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。