2014年04月22日

我道会 東京都庁、桝添都知事に抗議文を提出

4月21日。

我道会は東京都庁、桝添都知事に抗議文を提出した。

プロカメラマン ろでぃさん撮影 http://shimazakirody.com/journal/%e5%b7%ae%e5%88%a5%e5%8f%8d%e5%af%be%e9%83%bd%e5%ba%81%e5%89%8d%e3%82%a2%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%ab-16

以下、手交した抗議文。



舛添要一東京都知事 殿


我々は天壌無窮の神勅より続く皇國臣民として、破邪顕正に徹し、國権と領土を回復すべく一意専心し、万世の為に國體を明徴にし、王道楽土を切り開く福祉国家建設実現の為の礎となる為に、この皇国内で頻発する差別主義者共による差別・排外主義を煽動する集団示威行為、街宣活動に対し乾坤一擲の誅伐を加えるべく活動してきた。
また、我々は昨年十月以来、東京都庁前にて毎週行われている都庁前抗議活動の趣旨に賛同し、民族共和を訴えて来た。

この皇国にも「ヘイトスピーチ」(差別扇動表現)という言葉が新語・流行語大賞に推薦され社会的に認知される時勢になった。
その背景は「在日特権を許さない市民の会(在特会)」及び、在特会と共に活動する、所謂「行動する保守」と呼ばれる集団が、都内、特に新大久保で強行された差別・排外主義を煽動する集団示威行為と、それに反対する人々の間で激しい衝突が起き、この出来事が「社会的な事件」として、国内外の報道機関により取り上げられた事が反映された結果であると考えられる。

しかし、差別主義者による差別・排外主義を煽動する集団示威行為や街宣活動は「ヘイトスピーチ」という言葉が新語・流行語大賞に選ばれ、社会的認知を受け、周囲から白眼視される今とて何ら変わる事無く止む事なく開催され続けている。
また、都内の公共施設は差別主義集団にも「表現の自由」という名の基で貸し出される。
更には今年に入り都内の図書館では『はだしのゲン』閉架問題や『アンネの日記』破損事件も起きる始末。

皇紀ニ千八十年(2020年)に開催される東京五輪の際に、皇国が他国から嘲笑され無い為などという、対外的な面子を勘案する様な安直な理由では無く、現在、皇国臣民や他民族が居住・居留し、共に働き支え合い共同生活を営む帝都が「差別の現場」である恥辱を直視し、改善するべきである。

まず、第一に、東京都知事、東京都は差別主義者共に対して公共施設の貸し出し・使用を一切認めない事を強く求める。
彼らの言動は表現の自由を悪用した差別煽動であると公が認定する事の影響力は計り知れないからだ。

前東京都知事の猪瀬直樹氏は、帝都で発生する差別に関する現実社会を直視しなかった。
しかし「東京の顔」は舛添要一氏、貴方に変わった。
帝都・東京で共に生きる全ての人々に開かれた魅力的な都市で有り続ける為には、まず舛添要一東京都知事自らが「差別・排外主義を赦さない。」という姿勢を明確に打ち出し、また、職務では無く責務として、東京に蔓延る差別・排外主義に対して責任ある行動を強く求める。

私人に対する差別を煽動する事は、かつて欧米諸国に於いて「黄禍論」がが猛威を振るい、大東亜戦争時に於いて米国や米国の影響下にあったペルーやブラジルなどのラテンアメリカ諸国の連合国、またカナダやオーストラリアなどのイギリス連邦において行われた日系人や日本人移民に対する強制収容所への収監政策を「是」とする事を意味する。
また、欧米諸国による武断統治による覇権に対し、亜細亜は互いの価値観を尊重し共有し、大同団結を目指した五族協和、王道楽土、八紘一宇など興亜論(大亜細亜主義)の理念の否定であると考える。

興亜論を否定するのであるのならば、先の大戦で散華された英霊は何に殉じて散華されたのか?
散華された英霊達は今の帝都の姿を天から何を感じていると思いますか?

先人達が目を背ける様な帝都では無いと断言出来ますか?

仮に舛添東京都知事に在日朝鮮人の知り合い・友達・恋人がいたとしよう。
その在日朝鮮人の知り合い・友達・恋人の思想・信条も含め「人となり」は仲が良いのだから、当然ながら貴方には解る筈だ。
では、ある日「良い朝鮮人も悪い朝鮮人も殺せ!!」「朝鮮人を東京湾に叩き出せ!!」などと叫びながら徒党を組み街を闊歩する在特会の集団に遭遇したとする。
その言葉を聴いた時、在日朝鮮人の知り合い・友達・恋人は悲しまないと思うのか?
在日朝鮮人の知り合い・友達・恋人は在日朝鮮人という属性なのだから、その様な言葉を浴びせられても皇国で生きる以上は「当然」だと考えるのか?

違うと断言出来るならば、我々と共に差別無き帝都を目指すべく、破邪顕正に徹し、差別・排外主義を煽動する集団示威行為、街宣活動に対し撲滅すべく立ち上がって欲しい。



平成26年4月21日

我道会
posted by 山口祐二郎 at 20:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

我道会は来週月曜日の都庁前にて、舛添都知事に対し、差別のない東京にして貰うため抗議文を提出します

我道会は来週月曜日の都庁前にて、舛添都知事に対し、差別のない東京にしてもらうため抗議文を提出します。
posted by 山口祐二郎 at 20:08| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。